白髪染めでも自然に染めるコツ

白髪染めでも自然に染めるコツ

白髪染めはサロンでやってもらうととてもキレイなのに、自分でやるとまだら模様になって上手く染められないと感じる方も多いのではないでしょうか。実は白髪染めは自分でやってもムラ無く染めることが出来るのですが、ちょっとしたコツを知っているか知らないかで大きな違いが出てきてしまうのです。そのポイントについて紹介しましょう。
一番重要なのは自分の髪色と合った白髪染めを利用することです。白髪染めの染料は黒髪でも白髪でもどちらにも綺麗に色が入るよう作られていますが、それでもやっぱり色の変化は出やすくなってしまうのです。その見た目の違いを無くすためにも、自毛に近いカラーを選ぶのがコツとなります。プロなら多少色が違っていてもムラ無く染められますが、素人がやると染め残しが出るため自毛に近いカラーのほうが良いのです。元々持っている髪の色と極端に違う色は避けるようにしましょう。
また、白髪染めは一部分のみ染めたり、根元だけリタッチするケースもあるため自毛とかけ離れたカラーは避けたほうが良いのです。髪が伸びてきたときに根元と毛先の色が変わっていて見た目が悪くなったり、リタッチした部分のみ色が変わることもあるため自毛に近い色をおすすめします。