自分で白髪染めをする際に染まりやすくするコツ

自分で白髪染めをする際に染まりやすくするコツ

最近はホームタイプの白髪染めでも髪に優しい製品が多く登場していますから、自分で白髪染めに挑戦したいと考えている方も多いでしょう。その商品を説明書通りに使うだけでも上手く染まりますが、ちょっとした工夫をすれば更に染まり具合が良くなりますよ。その方法を幾つか紹介します。
まず自分の髪質に合わせて放置時間を少し変えてみてください。猫毛で髪が柔らかく細い人は色素が入りやすく、髪が太くコシがあり黒髪に近いと染まりにくくなります。また、髪の痛み具合によっても染料の入り方は異なります。髪の表面がゴワゴワしているとキューティクルが剥がれている証拠で色は入りやすくなりますが、痛みがひどいままだと色素が抜ける時間は早くなりがちです。髪が健康でキューティクルが整っていると1回のみではしっかりと染まらないこともあるため、何回に分けて利用する必要が出てきます。
次に室温にも気をつけましょう。室温が低くなりやすい季節では当然白髪染め自体も冷えるため染まりにくくなります。その場合では室内で染めるのではなく室温が上がりやすい浴室で染めて、更にビニールキャップをかぶって温度を上げると良いでしょう。室温の目安は20度以上でそれ以下の温度になりやすい季節では染める場所を工夫してみて下さい。