市販の白髪染めを利用する頻度

市販の白髪染めを利用する頻度

白髪染めは白髪が目立ってきてから利用すればOKですが、最近見られる無添加タイプの白髪染めは色が落ちやすいため頻度が多くなるため注意しましょう。一般的にドラッグストアで売られているケミカル成分でできている白髪染めなら1ヶ月に1回などの使用頻度で十分です。生え際が目立ってきたら利用したり、髪全体の色が落ちてきたと思ったら使えば良いでしょう。一方で無添加白髪染めは1週間に1回など頻度が多くなっています。これは髪を染めるというよりは髪の表面をコートする意味が強いからです。その代わり髪が痛みにくく1週間に1回の使用でもトリートメント感覚で使用できるためそれ程手間はありません。
どちらが良いかは髪の痛み具合、頻度、手間、価格など総合的な面で比較してみてください。たとえば頻度が多くなっても髪を傷めたくないなら無添加白髪染めを選び、週に1回などトリートメントのように使用します。多少使う手間はありますが、白髪が一気に目立つことはなくいつもキレイな色を保ちたい方には最適です。次にできるだけ使用する回数を減らしたく、髪が多少痛むのは構わないならドラッグストアなどで売られている白髪染めを利用すると良いでしょう。染めた後に別途トリートメントをすれば多少の痛みは防げます。